株式会社コスメックス 治験とは 神戸臨床薬理研究会

代表挨拶

トップページ > 代表挨拶

代表挨拶

 当社は、2017年6月7日付けでメディカル・データ・ビジョン株式会社(MDV)の100%子会社となりました。創立以来これまでSMOとしてクリニックを中心に皮膚科を得意領域とし、近年は精神科、神経内科をはじめ領域を広げ少施設多症例治験を実現してまいりました。また近年は大学病院、総合病院にもCRC業務の参入の場を広げております。

 さらに施設支援システム事業としても「Smart-Patient In」という病院口コミ検索サイト大手のカルー社との被験者エントリー推進事業が軌道に乗り、またISO9001 2008の認証取得業として「治験施設データQMS支援」を開始し専用システムを提携施設に導入しデータQMS支援にも取り組んでおります。

 この度のMDVグループ入りに伴い、MDVが持つ大きな病院ネットワーク、それをベースとしたデータ利活用サービスとも連携し、この大きなインフラを治験分野でも利活用してSMO事業を含む治験サービスの枠組みを大きく変え、事業拡大を目指して参りたいと考えております。

2017年6月
株式会社コスメックス
代表取締役 林 一郎

経営理念

COSMEXは治験実施施設での最適な治験環境を創造している企業です。
経営理念
-新しい治験環境の創造企業-

COSMEXは「少施設多症例治験」の実現を目指し以下取り組んでいます。

●契約症例の期限内達成にコミット

  疾患別に治験に積極的に取り組んでいただける施設様に参加を推進しております。

●患者様の治験への積極参加推進

  患者様が自ら治験に参加いただけるよう様々なエントリー方法を研究しています。

●治験実施施設関連のシステム開発

  治験実施施設での治験業務の効率化のためのシステム開発に取り組んでいます。

コンプライアンス宣言

 当社はSMO(治験施設支援機関)として医薬品開発における医療機関内で実施される臨床試験の重要なプロセスを支援するミッションを担っています。当社が扱う臨床試験データは人命に直結するものです。
「見つめていますデータと命」という社内スローガンを、役員および従業員共々共有し、自らが不正に手を染めないという強い意志を持つことを周知徹底すると共に、外部からも業務プロセスが容易に把握できる環境、またステークホルダーによる不要なバイアスをかける、かけられることがない環境を実現し不正防止に取り組んで行くことを宣言いたします。


Page Top